お酒を嗜む方は多くいらっしゃると思われます。
それほど好きでなくても付き合いで毎日飲まなくてはいけないと言う方もおり、お酒は男性にとって切り離せない関係ですよね。

 

しかし、アルコールには若はげを助長する働きがあることが近年分かってきました。

 

お酒を飲んだ際に摂取されたアルコールは肝臓で分解されることは多くの方がご存知だと思われます。
しかし、この肝臓で分解するキャパシティを超えたアルコールが肝臓に来ると肝臓はアルコールを分解しきれずにアセトアルデヒドと言う成分を血液中に循環させます。

 

このアセトアルデヒドには毒性があり、二日酔いや血液のドロドロ化などを引き起こし体に悪影響を与えます。

 
その一環に体内の男性ホルモンを刺激し、ホルモンバランスを乱すことによって若はげを加速させる働きがあります。

 

このため普段アルコールを摂取している方は、若はげにならないためにも程々を心がけましょう。

 

また自分はアルコールに強いから大丈夫と思っている方も、年齢とともに肝臓の働きは衰え処理能力は低下するため若はげ予防のためにも自制する気持ちを養いましょう。

 

アルコールは一度に止めてもストレスを募らせるため、少しずつ量を減らすなど出来るところからするといいでしょう。

 

また深酒は若はげだけではなく、肝硬変や脂肪肝など様々な病の原因にもなるため気を付けましょう。

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます