若はげと言う言葉はありますが、実際に何歳までを若はげと言うのか疑問に思ったことはありませんか?
10代の若い歳ならば若はげは納得しますが、20代となると微妙な感じがしますよね。ここでは、実際に何歳までが若はげで、何歳からがただの薄毛なのか説明したいと思います。


そもそも、10代や20代は身体的にピークな時期で、この歳で薄毛になるのは異常なのです。若はげの原因にはホルモンバランスの乱れが大きく関係していると言われ、思春期くらいの歳から若はげは誰にでも発症する危険があると言われています。

 

若はげの原因には主にストレスや生活習慣がホルモンバランスの乱れに関係していると言われ、若い頃から不規則な生活をしていると薄毛になる可能性がぐっと上がります。

 

そして人間は身体能力が完成し、ピークである20代を過ぎ30代に入ると徐々に様々な部分が衰えてきます。頭皮の健康を保つ機能も30代を境に衰えてくると言われており、30代以降は薄毛、脱毛の危険が一気に高まると言えます。

 

そのため若はげは10代から20代後半までで、その年代で髪の悩みが生まれたらそれは体に何らかの異常が起きているサインであるとも言えます。

 

若はげは直せばきちんと治療できるため、早めに対処法を考え実践しましょう。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます