「イソフラボン」と言えば女性のイメージですが、実は男性にも
積極的に摂取していただきたいヘアケア栄養素です。

イソフラボンとはマメ科の植物に多く含まれている植物性ポリフェノールの
ことで、正式には大豆からとられるものは「大豆イソフラボン」といいます。

 
イソフラボンは女性ホルモンと似たような構造を持つため、その働きも
似ています。

イソフラボンには更年期障害、骨粗鬆症、月経痛、乳がんなどの女性特有の
症状の予防・軽減効果のほか、男性特有の病気である前立腺がんの予防効果
もあるとされています。

 
また悪玉コレステロールを排除する作用もあり、動脈硬化や脳卒中、
心筋梗塞などの血管系の病気の防止にも役立つと考えられています。

薄毛の原因で最も多いのが男性ホルモンの過剰分泌から起こる脱毛、
いわゆるAGA(男性型脱毛症)です。

このため、AGAを防ぐには過剰に分泌されている男性ホルモンをいかにして
抑えるかが重要になってきます。

女性ホルモンは女性にしかないホルモンというわけではなく、微量ですが
男性にも分泌されています。

 
過剰に分泌された男性ホルモンを抑制してくれるのが女性ホルモンなのです。

しかし体内で余分に女性ホルモンを作り出すことはできませんので、
イソフラボンで補おうというわけです。

食品からイソフラボンを摂る場合は、納豆1パックか豆腐お味噌汁1回で
十分に摂取できます。

 
そういった場合はサプリメントからの摂取もオススメです。
そして頭皮環境を整えてあげることもヘアケアには大切です!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます