日焼けは、肌に紫外線を浴びる事によって起こります。紫外線を浴びると顔が赤くなったり、炎症が起きたりする事がありますが、日焼けとは軽いやけどの状態であり、その時、表面の皮膚細胞は紫外線によってダメージを与えられています。

 

放置するとそれがシミやソバカスになったり、シワになったりする事もあるので要注意です。また、日焼けは皮膚の乾燥を進め、肌荒れを悪化させたり、やけどや傷痕の色素沈着、皮膚の老化を早める恐れもあります。


尚、日焼けの原因である紫外線によって、髪の毛のキューティクルを傷付けてしまう場合もあり、一度キューティクルが剥がれてしまうと、修復することができません。キューティクルが剥がれると、髪の寿命が短くなってしまいます。また、紫外線は頭皮にも悪影響を与えます。

 
特に今の季節は、紫外線が最も強くなる時期でもあるので、頭皮に紫外線を浴びると、日々の生活の中でそれがどんどん蓄積され、紫外線の弱まり始める秋に一気に頭皮へダメージとして襲いかかります。その為、秋は抜け毛が急激に増えるので、抜け毛のシーズンと言われています。

 

対策としては、毎日同じ分け目にせず、少しづつ分け目を変えていったり、外出の際には日傘や帽子でお肌を守る事が大切です。ちなみに、曇りの日でも肌は紫外線の影響を受けますので気を付けて下さいね。

 

紫外線対策が日焼け予防に繋がりますので、いつも対策をせずに外に出ている方は、今日からでもいいので是非実践してみて下さい。

 

また、タンパク質は傷んだ肌の再生に重要なので、食事の際には、肉や魚、大豆等の良質のタンパク質を摂るように心掛けましょう。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます