昨日は土用の丑の日でしたね。
土用とは、夏だけでなく各季節それぞれにあり
、夏の土用の入りの始めの日の事を土用の丑の日というそうです。


この日といえばうなぎですよね。うなぎは、
その高い栄養価だけでなく、実は髪の毛に良い影響を与える成分も
多く含まれている事を皆様はご存知ですか?

 

まず、うなぎには亜鉛が含まれています。

 
毛髪の主な成分はケラチンというタンパク質なのですが、
この亜鉛が不足するとケラチンの合成がうまくいかず、
脱毛しやすい弱い髪になってしまいます。

 

しかし、亜鉛は金属なので体内では生成できません。
その為、育毛の為には食物で摂取する必要がある成分です。
亜鉛は、うなぎ以外だとあさりや牡蛎に多く含まれます。

 
尚、普通の食生活では大丈夫ですが、
サプリメントを服用する場合は、過剰摂取に注意しましょう。

 
また、うなぎにはビタミンAが多く含まれています。
ビタミンAには細胞の分裂を適正に保つ効果があり、
皮膚の細胞の働きを活発化させ、頭皮を健康にします。

 
さらに、うなぎに含まれているDHAには
、体内の脂量を減らして頭皮の過剰な皮脂分泌が抑えられたり、
新陳代謝を促す事でヘアサイクルを正常化する効果があります。

 

その上、血液をサラサラにする効果もあるので、
血液の循環が良くなり、頭皮に栄養が行き渡りやすくなります。

 
また、うなぎには、髪の毛のもとである
タンパク質の生成を加速させるビタミンB群も豊富に含まれているそうです。

 

うなぎって、実はものすごく育毛に効果がある食べ物だったんですね。
今からでも遅くないので、皆様もうなぎを食べて育毛効果を高めましょう。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます