よく、秋は抜け毛の季節!なんて言われていますが、大丈夫!
正しいシャンプー等のケアで、頭皮を健康にしていきましょう。

季節の変わり目になると、抜け毛やフケに悩まされる方が多くなります。
前回は抜け毛についてお話しましたが、今回はフケについてご紹介します。

 

フケは、新陳代謝によって頭皮の角質細胞が剥がれ落ちたもので、
粉っぽい乾燥したフケと湿り気のあるフケの2種類があります。

乾燥したフケの原因は、夏に浴びた紫外線によって起こる頭皮の乾燥や、
洗髪の際に強く洗い過ぎるといったことが挙げられます。

フケを気にして洗いすぎると、頭皮の皮脂を奪っていまい、余計にフケを悪化させてしまいます。
その為、洗髪の際は力を入れすぎずに優しく洗い、洗い残しのないようにしっかりと流しましょう。
また、洗髪は朝よりも夜がオススメです。

夜の10時~午前2時くらいに、髪の毛を作る元となる毛母細胞が一番活発になるので、
この時間帯の前に頭皮を綺麗にしておくと、育毛や発毛にも良い影響を与えます。

 

粉の様なフケがたくさん肩に落ちるほどフケが多い方は、
頭皮がダメージを抱えていて、
少しの刺激でもフケに変化しているようです。

この場合は、シャンプーを3倍に薄めたものを使うと、頭皮への刺激を抑えて洗髪することが
できるのでオススメです^^

湿り気のあるフケは、汗をかいたのに洗髪をしなかったり、
頭皮の皮脂の分泌が多いのが原因です。

 
脂性でないのに頭皮の皮脂が多く分泌される方は、ストレスや食生活の乱れ、ホルモンバランスの
乱れなどが考えられます。

この様な症状が出ていて洗髪を2日に1回しかしない方は、毎日の洗髪を心掛けましょう。
また、油ものやスナック菓子を食べ過ぎるのも頭皮がべたつく原因となりますの注意しましょう!

フケを防ぐ為には、やはり洗髪が大事です。

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

皮膚は「セラミド」と呼ばれる細胞にある細胞間脂質と言われる物質の
1つが皮脂と水分のバランスを保ち、バリヤーの役割を果たし、皮膚を
守っています。

 
このセラミドが減少すると皮膚のバリヤー機能が低下し、皮膚は外部の
刺激に弱くなってしまいます。

この状態を「敏感肌」と呼び、セラミドが生まれつき少ない
アトピー体質の方を除いては、原因はほぼ全て「皮膚の乾燥」にあります。

脂性だから関係ないと思っていても、脂性の原因はセラミドの減少から
くる皮膚の乾燥を保護しようと、頭皮が皮脂を過剰に分泌しているから
なんです。

敏感肌が引き起こされる原因として、
・体調不良(体力低下)
・腸内環境の悪化
・寝不足
・ストレス
・合わない化粧品やシャンプー、石鹸などを使用した

などが考えられます。

敏感肌を改善するにはバランスの良い食事を心がけ、睡眠は十分にとり、
ストレスはなるべく溜め込まず発散するようにしましょう。

 

また使っているシャンプーや育毛剤、化粧品などで赤みやかゆみ、湿疹
が起きてしまった場合はすぐに使用を中止しましょう。

どの成分が自分に合っていないのかを調べていくことによって、頭皮が
一番喜ぶシャンプー選びをすることができます。

頭皮に優しいシャンプーと言えば…?



 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます