イソフラボンとカプサイシンで育毛効果があるという研究が2004年に発表されました。

名古屋市立大学の教授の論文なので、皆信用したと思います。
2011年にこの論文は捏造されたものとして断定され、この教授は停職6ヶ月となりました。

この騒動はどういうものだったかといいますと、イソフラボンとカプサイシンを同時にとることが育毛に効果があるという論文を発表したことが発端です。

論文によります、カプサイシン+イソフラボンで、髪の毛を生やす体内物質が出来るのだそうです。

この体内物質はアミノ酸の結合体で、アンチエイジングにも効果があるのだそうです。

頭皮にこの体内物質を増やすことで、髪の毛の細胞をイキイキとさせ、発毛を促すというものです。

 
これがヘアサイクルを正しくし、丈夫で強い髪の毛が生えてくるようになり薄毛やハゲを改善してくれるという夢の物質です。

この体内物質である「IGF-I」を増やすためにどうしたらいいかということですが、そこで必要なのがカプサイシンとイソフラボンです。

カプサイシンはご存知唐辛子の辛味成分で、イソフラボンは大豆の植物エストロゲンです。
http://www.coolbeansstore.com/truth.html

うーん、これって、一体どこの部分がねつ造なんでしょうね?
そもそも全く、効果はないのでしょうか?

でもね今でもアマゾンで本が売られています。

(中身もチラ見できますよ)

2011年にねつ造とされていますが、この本は2011年9月26日初版第1刷になっています。

そもそもねつ造なら、なんでわざわざ本なんか出すのでしょう?もう、売れるはずがないと分かっていて。まして、オークションなら分かりますが、現在もアマゾンで締め出されることなく新書として売られています。

さらにはカプイソサプリも発売中です。

まだまだ購入者もあって、アドセンス広告でも盛んです。
あの厳しいグーグル社のアドセンス広告でさえ、表示されています。

カプイソ効果のほどは知りませんが
案外、今となっては「嘘から出た実」というのもあるのかもしれませんね?

 
確かに、イソブラボンはエストロゲン作用に似た、抜け毛予防効果があるしカプサイシンには。発毛のための血行促進作用があります。

これ自体は嘘ではありませんのでね。うーん、いつか試したい気もします。

 
でも今はこちらで、いい感じで満足していますが。⇒[Growth Project.]BOSTON

これが無くなったら試してみようかと思います。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます