あなたは、市販の育毛剤を使用されているでしょうか??

私もいろいろな育毛剤を試して、どれぐらい効果があるのかを調べたりします。

それで、市販されている育毛剤について、
基本的なことから触れたいと思います。

市販の育毛剤には、いくつかの種類があるんです。

併用の可能性も含めて、紹介してみたいと思います。

●塗る・ふきかけるタイプ(医薬部外品・化粧品)

最も多く見られる「液体育毛剤」です。

髪の毛の根元や頭皮に、1日1~2回塗り込んだり軽く吹き付けたりします。

約1~2ヶ月使える分量が入っていて、1本約2000~10000円程度となります。

Fotolia_46748497_XSwp
最近では工夫が凝らされ、

「育毛」をイメージさせないタイプの商品も多くなっていますよね。

逆に、「育毛」そのものにオシャレ感を持たせた展開の商品も見られます。

このタイプの中にもかなり細かな違いはありますが、

「フケ・カユミ予防、保湿、頭皮の血行促進、毛母細胞・毛乳頭への刺激」などが

マイルドめの効果として考えられます。

また、女性の脱毛にはこうした国産の「かける、ふきつける」育毛剤がなかなか効果的です。

ご存知でしょうが、育毛剤は、髪ではなく頭皮に塗ります。

皮膚に直接塗ったり吹きかけたりするため、刺激も多少あります。

また、べたつき、匂いなども完全にナシのものは少ないです。

最近の育毛剤では、非常に低レベルに抑えられています。そして

香りを含めて、真の意味で「男女兼用」のものも多くなっています。

自分の好みと合わない可能性があるため、サンプルを試したり、

最初は、ごく少量でトライする方が良いです。

肌に合い続けやすそうならば、最低1ヶ月は様子を見て、

半年間試す心構えでいてください。

なぜなら毛髪というのは、必ず、

成長期 ⇒ 退行期 ⇒ 休止期 

という成長サイクルを持っています。このサイクルは大抵3ヶ月なのですので。

国産、薬局等で買える医薬品である塗るタイプには非常に限定されます。

対象となる薄毛のタイプが限定され、

何に対して効果が有るのか無いのか、ハッキリ明記されています。

医薬品である関係上、副作用の心配があります。

また、性別や年齢にも注意して使用することが求められます。

具体的にはリアップシリーズ・カロヤンガッシュ・

カロヤンアポジカが、これに該当します。

効果が有る場合にはありますが、出ないときは出ません。

また、思わぬ効果は期待できません。

●医療用医薬品(国内のもの)

医師で処方してもらう「医薬品」です。もちろん、医師の診察を受けたからといって

確実に処方してもらえるとは限りません。

基本的に男性用で、ミノキシジル・フィナステリドが使用されることが一般的です。

中には、育毛剤とは呼ばれず、内服薬などと言われるケースも多いです。

●海外の育毛剤(医薬品。内服/外用)

国内では承認されていません。

海外で有効とされている育毛剤を、個人輸入代行などの形で入手するタイプです。

主に、ミノキシジル・フィナステリド・デュタステリドなどがあります。

内服薬がメインなので、育毛剤というイメージとは異なるかもしれません。

医薬品だけに、当然副作用があり、また使用については「全て自己責任」となります。

●海外の育毛剤(医薬品で無いもの)

あまりメジャーではありません。

海外製で医薬品に当たらない育毛剤もあるんです。

薬事法などの問題で自由に手にできないのではなく、

単に、需要が無いので個人輸入などの形になるものが多いです。

これらについては、成分表にちゃんと目を通した上で、

比較的気軽に試すことが出来るかもしれません。

私も過去、実際に購入したことがあります。あなたも聞いたことがあるでしょう?
Fotolia_50287441_XS
「オオサカ堂」というところです。

でもあまり効果ははっきりしませんでしたね。それに高価でした。

市販育毛剤には、様々なタイプがあるとお分かりいただけましたか?

育毛シャンプーや育毛サプリメントと合わせ、自分に合うものを見つけてくださいね!

当サイトのお勧めはこちらです!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます