近年の禁煙ブームで、喫煙者はさらに肩身が狭くなってきましたね。あなたはタバコをお吸いになられますでしょうか?それとも、禁煙成功しましたか?

 

髪の毛を健康にしたい、薄毛にはなりたくない。当然のことではありますが、どうしても薄毛に悩まされる方は後を断ちません。結局遺伝なのか?と諦めてしまう前にもう一度考えていきましょう。


実は薄毛には原因が必ずあり、遺伝よりも恐ろしいので注意が必要なのです。その中でも良く言われているのがタバコの喫煙・非喫煙です。確かに、タバコは百害あって一利なしと言われるほど、体には悪影響を与えるものです。

 

しかし、この喫煙と非喫煙はそこまで変化があるのでしょうか。確かに、喫煙は良くありません。しかし、喫煙だけが薄毛の原因だけでは無いので確実に原因とは確定しづらくもあります。

 

とはいえ、タバコは髪の毛に与える影響は絶対に良くは無いので、禁煙をすることも重要なのです。育毛剤や正しいシャンプーを、使い薄毛を克服していくのであれば、なるべく、タバコは辞めましょう。そもそも禁煙習慣をしっかり続けて、栄養が頭皮に届きやすい状態にしていくことが肝心です。

 

タバコを喫煙することで血管が収縮してしまいます。時々、めまいみたいに感じる時がありますよね?結果的に、頭皮の毛細細胞に血液が届かなくなれば健康に髪の毛を巣立つ、邪魔をしているということです。

 

さらにタバコを喫煙することによって得られるニコチンにビタミンが破壊されてしまいます。髪の毛を生成するためのタンパク質を助けたり保護してくれるビタミンが不足してしまっては決して健康的な髪の毛は、生えてこないことがわかります。タバコを喫煙している方は特に、サプリメントなどでビタミンを摂取していきましょう。


もちろんビタミンだけではありません、タバコを吸ってしまうことで体の栄養素が減少してしまいます。そもそも、血管が収縮して栄養が届きにくくなっているのに栄養も少なくなれば、もう薄毛になりたいと言っているようなモノです。少しずつ、でもしっかりと禁煙を心がけ、食事もしっかりと食べましょう!

 
と、まあ、愛煙家さんにはきつい事 を言ってしまいました。なんか、社交辞令 みたいですよね?言われなくても、うすうすわかるから、あえて無視したくもなります。喫煙していたら、その分、良い水を取るようにしたり運動したり、血液の循環に人一倍、気をつけて生活したらいいのでは?

 

愛煙家で髪がしっかり生えている芸能人もいます。ねえ?私は現在は禁煙してもう、数十年が経っています。その理由は、単に、体力の低下を自覚したからなんです。1か月に3回も風邪を引いたのが発端でした。タバコをやめたら、食事がおいしくなりました。お酒もおいしくなりました。

 
私にはそっちのほうがよかったです。中学生のころの味覚に戻った感じです。さあ、でもタバコを吸ってもねまあ、その道もあるもかもしれません。


この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます